事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 44 - 総務庁統計局

企業統計調査報告 総務庁統計局 事業所及び企業に関する集計

Add: gajig17 - Date: 2020-11-20 23:31:06 - Views: 7537 - Clicks: 4754

8%)となっている。 全国は「個人」が5,719,403人(同10. 農業経営体の農産物出荷先及び農産物の売上1位の出荷先 67. 9%を占めている。 前回調査と比べると,「1~4人」が16,168人の減(9.

農家数、農家人口、経営耕地面積及び耕作放棄地面積 59. 52~57表ダウンロード(エクセル:50KB) 52表は、総務省統計局所管の事業所・企業統計調査による結果である。 53~57表は、総務省統計局及び経済産業省所管の経済センサス-基礎調査による結果である。 52. -昭和61年 (昭61) ; 平成3年 (平3)-平成3年 (平3) Continues: 事業所統計調査結果報告 = Report on the establishment census / 総理廰統計局 編 Continued by: 事業所・企業統計調査. 119~124表ダウンロード(エクセル:49KB) 119~124表は、国民経済計算体系(93SNA)に基づき「県民経済計算標準方式」(内閣府経済社会総合研究所)により推計したものであり、在庫品評価調整後の数値である。 なお、本統計書の平成9年度版まで掲載していた「市民所得」とは推計方法・概念が異なるため、数値の比較は避けるよう留意されたい。 ※市民経済計算は、基礎資料の改訂、推計方法の一部変更などに伴い、過年度について遡及計算を行っていますので、利用に当たっては常に最新版の数値を使用してください。 119. 世帯の種類(2区分)、世帯人員(8区分/4区分)別世帯数及び世帯人員 25.

世帯の家族類型(16区分)、住宅の種類・住宅の所有の関係(7区分)、住宅の建て方(8区分)別一般世帯数及び一般世帯人員 35. 住宅数、世帯の種類別世帯数及び世帯人員 76. 産業(大分類)、行政区別及び男女別15歳以上就業者数 39. 1~11表ダウンロード(エクセル:76KB) 1. 物の生産,サービスの提供が,従業者と設備を有して,継続的に行われていること。 すなわち,一般に,商店,工場,事務所,営業所,銀行,学校,病院,寺院,旅館などと呼ばれているものが事業所である。. 12 形態: 47冊 ; 26cm 注記: 日本統計協会発行のもの(市販版)は別書誌 著者名: 総務庁統計局 シリーズ名: 事業所・企業統計調査報告 / 総務庁統計局編集 ; 平成11年 第2巻 書誌id: ba4948942x isbn:. 2%増の順になっている。 減少した市町村は35市町村で,最も減少率が高かったのは,高萩市が14. 6%となっており,小売業や飲食店では,「常用雇用者」に占める「正社員・正職員以外」の割合が高くなっている。 表9 産業中分類別「正社員・正職員以外」の従業者数(民営,非農林業,平成18年) 目次に戻る.

(注)事業内容等不詳の事業所は含まない。 茨城県内の民営事業所の従業者数について,性別による割合を経営組織別にみると,全体では男性従業者数の割合(総数の56. 住宅の種類、住宅の所有の関係、建て方別住宅数、世帯数、世帯人員、1住宅当たり居住室数、1住宅当たり居住室の畳数、1住宅当たり延べ面積、1人当たり居住室の畳数及び1室当たり人員 79. 6%)で最も多く,次いで県西地域,県北地域,県央地域,鹿行地域の順となっている。(第1-24表及び第5図) 県内の従業者数を地域別にみると,県南地域が411,809人(従業者全体の33. 6%増加しているが,その他の地域は減少している。 表11 地域別従業者数(全事業所) *H13は44市町村で集計.

. 58~73表ダウンロード(エクセル:74KB) 58~73表は、農林水産省による農業センサス(平成7年)、世界農林業センサス(平成12・22年)、農林業センサス(平成17年・27年)の集計結果である。(各年2月1日現在実施) 58. 千葉港主要品種輸入貿易額 このページの先頭へ. 住宅の種類、住宅の所有の関係及び建築の時期別住宅数 80. 日本統計協会社 事業所・企業統計調査報告(平成18年 第3巻 44)事業所・企業統計調査報告(平成18年 第3巻 44) 最安値 ¥9,450事業所・企業統計調査(平成18年)調査結果報告(簡易版)1. 6%減)となっている 表1 事業所数の推移 *国・地方公共団体には H56は旧日本電信電話公社,旧日本専売公社及び旧日本国有鉄道を含む。 H61は旧日本国有鉄道を含む。 H13は独立行政法人を含む。 H18は独立行政法人,日本郵政公社及び国立大学法人は含まない。 図1 事業所数の推移(全事業所) 従業者数は全事業所1,273,140人であり,民営事業所は1,176,545人,民営以外の事業所は96,595人となっている。全事業所の従業者数は,前回調査に比べると,30,738人の減少(2,4%減)となっている。 表2 従業者数の推移 *国・地方公共団体には H56は旧日本電信電話公社,旧日本専売公社及び. 京成電鉄駅別乗車人員 127. 12 形態: 47冊 ; 26cm 著者名: 総務庁統計局 シリーズ名: 事業所・企業統計調査報告 / 総務庁統計局編集 ; 平成11年 第2巻 書誌id: ba4948942x isbn:.

JR東日本駅別1日平均乗車人員 126. 用途別建築物着工状況(床面積) 84. 夫婦の就業・非就業(4区分)、夫の年齢(6区分)、妻の年齢(6区分)別夫婦のみの世帯数 32. 降水量 このページの先頭へ. タクシー保有台数 133. 農業経営体の組織別経営体数 62. 農業経営体の田・畑・樹園地別経営耕地及び経営耕地面積規模別経営体数 65.

産業大分類、行政区別企業数及び事業所数 このページの先頭へ. 農業経営体の農産物販売金額1位の部門別経営体数 64. 毎月勤労統計調査(令和2年6月分結果速報)の参考資料の数値誤りについて(令和2年8月27日) 91KB 毎月勤労統計調査における「時系列比較のための推計値」等の公表について ; 毎月勤労統計調査年報-全国調査-(平成30年)におけるe-Stat掲載統計表の一部.

人口動態 20~46表は、総務省統計局所管の国勢調査(各年10月1日現在)の結果である。 20. 居住世帯の有無別住宅数及び住宅以外で人が居住する建物数 75. 12~19表ダウンロード(エクセル:126KB) 20~46表ダウンロード(エクセル:215KB) 47~51表ダウンロード(エクセル:54KB) 12. 千葉港海上貨物輸移出入数量 137.

農業経営体の環境保全型農業・農業生産関連事業への取り組み及び過去1年間に投入した堆肥の投入量 このページの先頭へ. 市域の変遷 2. 面積、ひろがり及び高低 4. 賃金構造基本統計調査の対象事業所に選ばれた事業主の方へ ; 令和2年から賃金構造基本統計調査が変わります! (賃金構造基本統計調査の一括調査を希望する企業の募集について) 一括調査のポイント 【令和2年度募集終了】一括調査の申請はこちら. 千葉港トン階別入港船舶隻数及び総トン数 A.

総務省統計局. 経済活動別市内総生産(実質:連鎖方式、デフレーター:連鎖方式) 121. 事業所に関する集計 フォーマット: 図書 責任表示: 総務庁統計局編集 言語: 日本語; 英語 出版情報: 東京 : 日本統計協会, 1998. (注)事業内容等不詳の事業所は含まない。 県内の民営事業所における従業者数を経営組織別にみると,「個人」が136,374人(従業者全体の11.

サービス業(産業中分類別)事業所数、従業者数、収入金額及び経費総額 105. 3%)となっている。 全国は「個人」が2,006,773事業所(同37. 市民所得(分配) 122. 地方卸売市場主要品目別取扱高 118. 4%となっており,この3産業で企業全体の約7割を占めている。 表14 企業産業大分類別企業数(民営事業所) 目次に戻る. 事業所・企業統計調査報告(平成8年 第2巻 44) - 総務庁統計局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 年齢(各歳)、男女別人口 27.

小売業、産業中分類別、売場面積規模別事業所数、年間商品販売額及び売場面積 102. 住宅の種類、住宅の所有の関係、建て方、構造及び省エネルギー設備等別住宅数 81. 千葉港主要品種輸出貿易額 108. 行政区別、産業中分類別、事業所数、従業者数及び製造品出荷額等(従業者4人以上の事業所) 90. 平成8年事業所ヹ企業統計調査報告 平成3 年まで『事業所統計調査報告』 全国の事業所を対象に、事業の種類ヹ事業者数など を調査した結果のまとめ 総務省統計局 n01 産業 平成11年事業所ヹ企業統計調査報告. サービス関連産業B(産業中分類別)民営事業所数、従業者数、売上(収入)金額及びサービス関連産業Bの事業別売上(収入)金額 104表は、総務省統計局所管のサービス業基本調査による結果である。 104.

配偶関係(4区分)、年齢(各歳)、男女別15歳以上人口 28. 経済センサス‐基礎調査は、事業所の事業活動及び企業の企業活動の状態を調査し、事業所母集団データベースなどの母集団情報を整備するとともに、我が国における事業所及び企業の産業、従業者規模等の基本的構造を全国的及び地域別に明らかにすることを目的とした統計法に基づく基幹. 「-」:該当のないもの,調査あるいは集計をしていないもの及び対前回増加率について分母が「0(ゼロ)」で計算できないものを示す。 2. 4%を占めている。 全国は「卸売業,小売業」が11,843,869人(同20. Amazonで総務庁統計局の平成11年 事業所・企業統計調査報告〈第2巻〉事業所及び企業に関する集計 都道府県編―44大分県。アマゾンならポイント還元本が多数。総務庁統計局作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

3%)で従業者が9人以下で7割以上を占めている。 増減率でみると,「1000人以上」で13. 125~140表ダウンロード(エクセル:100KB) 125. 施設等の世帯の種類(6区分)別世帯数及び世帯人員 26.

2%増の順になっている。 減少した市町村は40市町村で,最も減少率が高かったのは,桜川市が14. 総務省統計局のデータを転載しています。 目次に戻る. 8%増)などとなっている。 一方,減少したものは,11産業で減少しており,「製造業」が29,311人の減(9. . 従業者規模別事業所数及び従業者数(従業者4人以上の事業所) 91. 卸売・小売業、事業所数、従業者数、年間商品販売額、売場面積の推移 98. 経済活動別市内総生産(名目) 120. 従業者とは,調査日現在,当該事業所に所属して働いているすべての人をいう。したがって,他の会社や下請先などの別経営の事業所へ派遣している人も含まれる。 一方,当該事業所で働いている人であっても,他の会社や下請先などの別経営の事業所から派遣されいるなど,当該事業所から賃金・給与(現物給与を含む。)を支給されていない人は従業者に含めない。 なお,個人経営の事業所の家族従業者は賃金・給与を支給されていなくても従業者とした。.

農業経営体の過去1年間に施設園芸に利用したハウス・ガラス室の面積規模別経営体数、農業用機械の所有経営体数及び所有台数 72. 世帯人員(7区分)、住居の種類・住宅の所有の関係(7区分)別65歳以上世帯員がいる一般世帯数 31. 2-事業所・企業統計調査報告 / 総務庁統計局編集 平成18年 ; 第3巻. テレビ放送受信契約状況 このページの先頭へ. 5%を占めている。 前回調査と比べると,5産業で増加しており,「医療・福祉」が21,692人の増(26. 主要品目別小売価格 116. See full list on city. 事業所及び企業に関する主要集計結果(速報) / 総務庁統計局 編 書誌ID: AA12367234.

-事業所数:「医療,福祉」の増加- 全事業所の産業大分類別に事業所数をみると,「卸売・小売業」が34,564事業所で,全体の27. 88~92表ダウンロード(エクセル:38KB) 88~92表は、各年12月31日現在で実施された経済産業省所管の工業統計調査による結果である。 平成23年における数値は、総務省統計局及び経済産業省所管の経済センサス-活動調査(製造業産業編)による結果であり、調査時点が平成24年2月1日であることなど、厳密には工業統計調査の数値と連結しない部分がある。 88. 有租地面積及び評価額 6. (注)各地域の市町村については,「利用上の注意」を参照のこと。 2. 市内郵便局所数 139. 経済活動が,単一の経営主体のもとで一定の場所(一区画)を占めて行われていること。 2. 地方卸売市場取扱状況 117.

従業者規模別製造品出荷額等(従業者4人以上の事業所) 92. -事業所数:小規模事業所で大きく減少- 全事業所を従業者規模別の事業所数にみると,「1~4人」が75,411事業所で全体の59. 平成十九年五月二十三日 改正法令名: 統計法及び独立行政法人統計センター法の一部を改正する法律 (平成三十年法律第三十四号) 改正法令公布日: 平成三十年六月一日 よみがな: とうけいほう. 74~87表ダウンロード(エクセル:79KB) 77~83表は、各年10月1日現在で実施した総務省統計局所管の住宅・土地統計調査による結果である。この調査結果は、標本調査による推定値である。 この調査は、国勢調査調査区を第1次抽出単位とし、抽出された標本調査区を分割して設定した単位区を第2次抽出単位とする層別2段集落抽出法によって行われた標本調査で、結果数値は比推定値である。 77表の住宅数は「居住世帯のある住宅」と「居住世帯のない住宅」の合計で、78表~83表の住宅数は「居住世帯のある住宅」のみである。なお、平成10年調査より「同居世帯」および「準世帯」の定義に一部変更があった。 74. 人口の推移 13. -事業所数:40市町村で減少- 全事業所を市町村別に事業所数でみると,水戸市が13,949事業所で最も多く,以下日立市が8,136事業所,つくば市が7,582事業所,土浦市が6,853事業所の順となっている。 前回調査と比べると増加した市町は4市町村で,最も増加率が高かったのは,守谷市が5. 1%を占めている。 前回調査と比べると,増加したものは,「医療,福祉」が922事業所の増(16.

4%)で最も多く,次いで県北地域,県西地域,県央地域,鹿行地域の順となっている。(第1-24表及び第6図) 1. 農業経営体の家畜等を販売目的で飼養している経営体数、飼養頭羽数 73. (注)事業内容等不詳の事業所は含まない。 県内の事業所数を市町村別にみると,「水戸市」が13,136事業所(事業所全体の11. 日本統計協会. 第26回(平成8年(1996年)調査)~第29回(平成11年(1999年)調査) ※第27回以前の統計表については、Excelファイル形式のものがなく、冊子での公表のみとなります。. 2%)の順となっている。 産業大分類別構成比を全国と比較すると,「建設業」及び「生活関連サービス業,娯楽業」などで高く,「宿泊業,飲食サービス業」,「不動産業,物品賃貸業」及び「医療,福祉」などで低くなっている。(第1-2表) 県内の産業大分類別事業所数を平成26年経済センサス-基礎調査の結果と比較すると,全産業で4,161事業所減少し,「電気・ガス・熱供給・水道業」,「運輸業,郵便業」及び「金融業,保険業」で増加したほか,高齢化が進展するなか「医療,福祉」の増加が際立つ,その他の産業については減少している。(第1-3表及び第1図) 第1図:産業大分類別事業所数の推移 県内の従業者数を産業大分類別にみると,「製造業」が280,530人(全産業の22. 事業所が主に行っている事業(原則として過去1年間の販売額又は収入額の多いもの)の種類により,原則として日本標準産業分類(平成5年10月総務庁告示第60号)によって分類したものを言う。一部の分類項目については,小分類項目を更に分割した事業所・企業統計調査独自の分類を使用している。 なお,平成14年3月に日本標準産業分類が改訂されたが,ここでは改訂前の分類を用いている。.

1%)となっている。 「法人」のうち,「会社」は913,519人(同74. 2%,第12位)となっている。(第1-1表) 1. 交通量調査 134~137表は国土交通省所管の港湾調査による千葉港分の結果である。 なお、千葉港の区域は千葉市の他、市川・船橋・習志野・市原・袖ヶ浦の各市を含む。 134. -事業所数:「個人」の構成比が5割以上- 経営組織別に民営の事業所数をみると,「個人」が64,015事業所で民営事業所全体の52. 出典:総務省統計局「平成28年経済センサス活動調査」 出典:総務省統計局「事業所・企業統計調査結果」,「経済センサス基礎調査」,「経済センサス活動調査」 注1:事業所・企業統計調査と経済センサスは調査手法が異なるため,平成18年以前と平成21. 労働力状態(8区分)、年齢(5歳階級)、男女別15歳以上人口 37. 事業所・企業統計調査は、我が国における事業所及び企業の産業、従業者規模などの基本的構造を明らかにするとともに、国や地方公共団体における各種行政施策の計画、立案のための基礎資料を得るほか、事業所及び企業を対象とした各種統計調査実施のための母集団情報としての事業所及び.

卸売・小売業、産業小分類別、従業者規模別事業所数、従業者数、年間商品販売額、商品手持額、売場面積 100. 市内総生産(支出側、名目) 123. 産業中分類、従業者規模別事業所数(民営) 57. 農業経営体の労働力 63. 世帯の家族類型(22区分)別一般世帯数及び一般世帯人員(6歳未満・18歳未満世帯員のいる一般世帯及び3世代世帯並びに母子世帯及び父子世帯) 29. 平成28年2月19日 参考表1「売上(収入)金額の消費税込推計値」及び参考表2「全産業の事業所の売上(収入)金額に関する試算値」 平成27年11月30日 平成26年経済センサス‐基礎調査(確報).

千葉港国籍別月別入港外航船舶隻数及び総トン数 138. 1%)となっている。 このうち,「雇用者数」の内訳をみると,「正社員・正職員」は632,292人(雇用者全体の62. 事業所及び企業に関する主要集計結果(速報) / 総務庁統計局 編 Catalog. 事業所及び企業に関する集計 : 都道府県別結果. 農業経営体の販売目的で作付けした工芸農作物及び野菜の作物別作付(栽培)経営体数 70. 9%減)となっている。 図10 会社企業数の推移 *「会社企業」とは,経営組織が株式会社(有限会社を含む),合名会社,合資会社,合同会社及び相互会社で,本所と支所を含めた全体をいう。単独事業所の場合は,その事業所だけで「会社企業」となる。したがって,企業数は,本所事業所と単独事業所の合計をいう。 目次に戻る.

地方卸売市場主要出荷地別取扱高 このページの先頭へ. 事業所に関する集計及び企業等に関する集計 ・結果の要約(全12頁)(pdf:699kb) ・結果の概要(全86頁)(pdf:1462kb) 事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 44 - 総務庁統計局 ・<追加参考資料>産業小分類、市町村、都道府県のランキング(全20頁)(pdf:446kb) 利用上の注意: 平成30年6月28日. 5%)となっている。 「法人」のうち,「会社」は2,882,491事業所(同54. 3%)より高くなっている。 一方,「個人」経営の事業所においては,男性従業者数の割合(同47. 9%)となっている。 前回調査と比べると,「個人」が8,665事業所の減(11. 3%減)などとなっている。 過去の推移をみると,「医療,福祉」は,調査ごとに事業所数が増加し,構成比も拡大しているのに対して,「鉱業」や「製造業」は,調査ごと減少し構成比も減少している。 図5 主な産業大分類別事業所数の増減率(全事業所)(上位,下位4位)(平成13年~18年). 5%減)となっている。 図4 事業所数,従業者数の推移(民営以外の事業所) 目次に戻る. 1世帯当たり1か月間の収入と支出(二人以上の世帯のうち勤労者世帯) 115.

土地利用現況 7. 65 親会社が海外にある国内企業の状況-平成21年経済センサス-基礎調査結果から-を公表しました。 平成24年11月28日 親会社が海外にある国内企業に関する特別集計を公表しました。. 市内総生産(支出側、デフレーター:固定基準年方式) このページの先頭へ. 3 事業所・企業統計調査報告 / 総務庁統計局編集 平成13年 第2巻. 鉄道貨物品目別発着数量 129. 住民基本台帳人口の推移 15. 国立印刷局: 03 &92;14700: 事業所・企業統計調査報告( 事業所及び企業に関する集計都道府県別結果 石川 ) 平成16年 第3巻 17 : 総務省統計局: 日本統計協会: 03 &92;4935: 新賃金傾向値表年版: 労働省: 労務行政研究所: 09 &92;6858: 余暇レジャー総合統計年報. See full list on pref.

統計ステーションながの 〒長野市大字南長野字幅下692-2 (長野県庁西庁舎2階 企画振興部情報政策課統計室) TEL:(内線:5119/5156)または(直通) -昭和61年 (昭61) ; 平成3年 (平3)-平成3年 (平3) 継続前誌: 事業所統計調査結果報告 = Report on the establishment census / 総理廰統計局 編 継続後誌: 事業所・企業統計調査. 国籍(11区分)、男女別外国人数 23. 産業大分類、行政区別事業所数及び従業者数(民営) 54. 卸売・小売業、法人・個人別、男女別就業者数、従業者数(内訳別)、臨時雇用者数、従業者・臨時雇用者のうち他への出向・派遣従業者数、他からの出向・派遣従業者数及びパート・アルバイトなどの8時間換算雇用者数 99. 2%)となっている。 前回調査と比べると,「個人」が34,861人の減(16. 6%)となっている。 経営組織別構成比を全国と比較すると,「個人」で高く,「法人」で低い。(第1-21表) 1. 卸売・小売業、産業小分類別、商品販売形態別事業所数、年間商品販売額及び構成比 101. 7%)で最も多く,次いで県西地域,県北地域,県央地域,鹿行地域の順となっている。 前回調査と比べると,全ての地域で減少しており,特に県央地域,県北地域が8.

産業(大分類)、年齢(5歳階級)、男女別15歳以上就業者数 38. 産業(大分類)、従業上の地位(8区分)、男女別15歳以上就業者数 40. 市内総生産(支出側、実質:固定基準年方式) 124.

97~108表ダウンロード(エクセル:83KB) 97表は、経済産業省所管の商業統計調査による結果である。 なお、商業統計調査は、平成9年以降の調査から5年毎に実施し、その中間年(調査の2年後)に簡易な調査を実施することとし、11、16年調査が簡易調査である。 97. 4%減)となっており,従業者規模が小さいほど事業所数が大きく減少している。 表7 従業者規模別事業所数,従業者数(全事業所) 図6 従業者規模別事業所数の増減率(平成13年~18年) -従業者数:小規模事業所で大きく減少- 全事業所を従業者規模別の従業者数にみると,「10~19人」が195,787人で全体の15. 外国人住民人口 19. 住宅の建て方(8区分)、住居の種類・住宅の所有の関係(7区分)別一般世帯数、一般世帯人員及び1世帯当たり人員 36. 全産業分野における事業所及び企業の経済活動の実態を全国及び地域別に明らかにするための調査です。 調査年月で絞り込み ー 年(平成28年) 年(平成24年). 毎月勤労統計調査-平成31年2月分結果速報及び平成30年年末賞与の結果 ; 毎月勤労統計調査-平成30年2月分結果速報及び平成29年年末賞与の結果 ; 毎月勤労統計調査-平成29年2月分結果速報及び平成28年年末賞与の結果. 事業所・企業統計調査報告(平成8年 第2巻 09) - 総務庁統計局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 事業所・企業統計調査報告(平成8年 第2巻 15) - 総務庁統計局 - 事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 44 - 総務庁統計局 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

4%)であり,うち「国」は232事業所,「地方公共団体」は4,016事業所となっている。 従業者数をみると,「民営」は1,176,545人(従業者全体の92. 農業経営体の農産物販売金額規模別経営体数 66. モノレール駅別乗車人員 128. 4%の減少- 平成18年10月1日現在の茨城県の民営事業所及び民営以外の事業所を合わせた全事業所は126,506事業所であり,うち民営事業所は122,258事業所,民営以外の事業所は4,248事業所となっている。全事業所の事業所数は,平成13年事業所・企業統計調査(以下「前回調査」という。)に比べると,8,875事業所の減少(6. 9%)となっている。 経営組織別構成比を全国と比較すると,「個人」で高く,「法人」で低い。(第1-20表) 1. 3%)となっている。 前回調査と比べると,「個人業主・無給の家族従事者」は12,765人(13. 3%減)となっており,従業者規模が小さいほど従業者数が大きく減少している。 図7 従業者規模別従業者の構成比 図8 従業者規模別従業者の増減率(平成13年~18年) 目次に戻る. 事業所とは,経営活動の場所ごとの単位であって,原則として次の要件を備えているものをいう。 1.

事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 44 - 総務庁統計局

email: dunysyz@gmail.com - phone:(951) 575-2818 x 7324

建築設備大系 建築設備設計図集 - 井上宇市 - 文部省認定工業検定 級問題集

-> 国宝への旅 国宝全ガイド 別巻 - NHK出版
-> 皇陽閣 幸福暦 平成十六年 - 浜崎和治

事業所・企業統計調査報告 事業所及び企業に関する集計 平成11年 第2巻 44 - 総務庁統計局 - 一通の手紙


Sitemap 1

簡体字等から正字への漢字置換表 - 日本加除出版 - 年中行事 日のひみつ 飯塚よし照